奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

遺品整理でゴミを分別したくない場合の対処法|一気にゴミを処分する方法3選を紹介

遺品整理はゴミの分別が大変です。膨大な遺品をひとつひとつ仕分けするのは時間も労力もかかります。「遺品整理を早く終わらせたいけど、分別が大変でなかなか進まない」と悩んでいる人は多いです。

この記事では、業者を利用するなど遺品整理でゴミを分別せず一気に処分する方法を紹介します。また、ゴミを業者に回収してもらおうと考えている人に向けてメリット、デメリットも詳しく紹介しています。

たとえば、業者に遺品整理を依頼することにはゴミの処分だけでなく、遺品の買取をしてもらえるというメリットがあります。また、「遺品整理を業者に頼みたいけどどの業者にしたらいいかわからない」という方は、「ミライルまごころサービス」をご検討ください。

奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 遺品の仕分けまで遺品整理のすべてをまるまる代行
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現
  • 不要な遺品・ゴミの回収にも対応

この記事を書いた人

奈良の遺品整理 ミライル

遺品整理サービス ミライル

奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちら奈良の遺品整理ミライルの執筆者情報はこちら
地域別の遺品整理のご依頼はこちら>> 奈良大阪京都

対応エリア・時期により記載価格や条件が変動する場合がございます。事前にご自宅でお見積もりをさせていただき、金額に合意の上で作業を開始します。作業終了後に事前のお見積り金額以上の追加料金をご請求することはございません。

目次

遺品整理でゴミ分別をしたくないと考える人は多い

身内の誰かが亡くなった後に遺品整理を進めていくと、大量のゴミが出る場合もあります。本来のゴミの分別は必須ですが、面倒くさい等の理由からゴミ分別をしたくないと考える人は多いです。

しかし、分別を怠ることは「廃棄物処理法」という法律に違反する行為になり、最悪のケースだと5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金が課せられる可能性もります。また、ゴミの不法投棄も法律違反となります。

そのため、遺品整理で出るゴミの分別は必須となる点に注意しましょう。

参考:遺品整理が大変で辛い・悲しい時の対処法を紹介

あわせて読みたい
亡くなった人の物は処分した方がいい?捨てられない人の特徴や遺品整理を依頼する際の注意点を紹介 亡くなった人の物はなかなか捨てられません。処分した方がいいと思っていても、気持ちの整理がつかない人は多いです。しかし、遺品をいつまでも残しておくと、収納スペ...

遺品整理で出たゴミを分別せず一気に処分する方法

遺品整理で出たゴミを分別せずに処分したいなら、以下の方法のうちいずれかを実施しましょう。

  • 遺品整理業者にゴミの回収を依頼する
  • 不用品回収業者にゴミの回収を依頼する
  • ゴミ処理場に直接持ち込みをする

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理業者にゴミの回収を依頼する

ゴミを分別せずに処分する方法の1つとして、遺品整理業者に依頼するという方法があります。遺品整理に特化した業者なので、ゴミだけでなくいらなくなった遺品の回収を依頼することも可能です。

また、処分すべき・処分すべきでない遺品とで仕分けをしてくれるため、大切な遺品を誤って処分する心配もありません。業者によっては遺品の買取を実施しているケースもあるため、遺品を売却すればゴミの回収費用の足しにもできます。

あわせて読みたい
遺品整理を安くする方法とは?安くて安心できる遺品整理業者の選び方も含めて徹底解説 遺品整理を安く済ませたいと思っていませんか?大量にあるゴミや不用品を1人で処分するのは、体力的にも精神的にも疲れてしまいますよね。また葬儀費などでお金を使って...

不用品回収業者にゴミの回収を依頼する

不用品回収業者にゴミの回収を依頼する方法もあります。不用品の回収を専門とした業者なので、必要のないゴミを全て回収してくれる点が特徴の1つです。

ただし、遺品整理のプロではないため、仕分け作業の依頼や遺品に関する質問はできません。いらなくなった遺品やゴミの回収のみを受け付けているため、利用する際には注意が必要です。

あわせて読みたい
衣類の遺品整理の方法や確認することを解説|亡くなった人の服を捨てられない人におすすめの対処法を紹介 故人が着ていた衣類の遺品整理にお困りではありませんか?お気に入りだったTシャツやジーンズなど、故人の思い出となるものを処分することに抵抗がある人は多いはずです...

ゴミ処理場に直接持ち込みをする

ゴミ処理場に直接持ち込みをすれば、ゴミを分別せずとも処分できます。お住まいの地域であれば、ゴミ処理場への持ち込みは誰でも可能です。

自治体によってゴミの計り方は異なり、ゴミの重さだけを計るケースもあれば車両にゴミを載せたまま計るケースもあります。各自治体の公式サイトに計り方が明記されているため、事前に確認しましょう。

ただし、エリアごとに処分できるゴミの種類は異なります。最低限の分別は必要となるケースもあるため、利用する際には注意が必要です。

参考:デジタル機器の遺品整理方法

分別していないゴミを業者に回収してもらうメリット

分別していないゴミを業者に回収してもらう場合、以下のメリットがあります。

  • ゴミをわざわざ分別する必要がない
  • 必要のない遺品を全て回収してくれる
  • 全ての作業を業者に任せられる

それぞれ詳しく解説します。

ゴミをわざわざ分別する必要がない

もし全てのゴミを自分たちで分別するとなった場合、量によってはかなりの時間を要します。住む地域によってはゴミの分別ルールが厳しい自治体もあるため、分けたつもりでもゴミが回収されないというケースも多いです。

業者に依頼をすれば、遺品整理で出たゴミをそのまま回収してくれるため分別する必要もありません。ゴミの分別作業は業者側が代わりに行ってくれるため、余計な労力も不要です。

参考:遺品整理を自分でする際の方法や注意点を解説

必要のない遺品を全て回収してくれる

業者に依頼をすれば、ゴミだけでなく必要のない遺品も全て回収してくれます。中には買取に対応した業者も存在するため、高級家具や貴重品が回収物に含まれていたら高値で買取される可能性は高いです。

また、遺品整理業者によっては専属の住職と契約をしている場合もあります。ただ回収するだけでなく、大切な遺品を供養してくれる優良企業も多いため、事前に確認しておきましょう。

あわせて読みたい
遺品整理業者とのトラブル例5選|相談窓口や被害を防ぐ対策法を紹介 遺品整理を業者に任せたいものの、トラブルにならないか不安な方も多いでしょう。悪徳業者の見分け方を知らないと、思わぬトラブルに見舞われて大切な遺品や財産を失っ...

全ての作業を業者に任せられる

もし自分たちで遺品整理を進めようとすると、肉体的負担がかかります。しかし、業者に回収を依頼すれば、ゴミの処分や遺品の仕分け作業などを全て任せることが可能です。

また、遺品整理中は亡くなった人の遺品を取り扱うため、精神的に辛いと感じるシーンが頻繁にあります。その点、業者に依頼をすれば遺品の回収が済むだけでなく、心の整理にも繋がるでしょう。

あわせて読みたい
遺品整理の流れとは|業者に依頼する前の流れや依頼した場合の流れを紹介 遺品整理は、不用品の処分だけでなく故人との大切な思い出の品々を整理する作業です。生前整理をせずに突然亡くなられると、かなりの量の遺品にどこから手をつければい...

分別していないゴミを業者に回収してもらうデメリット

業者に遺品の回収を依頼すれば作業がスムーズですが、デメリットも存在します。デメリットをまとめると以下の通りです。

  • 自分達で遺品整理をするより費用がかかる
  • 悪質な遺品整理業者とトラブルになることもある

それぞれ詳しく解説します。

自分達で遺品整理をするより費用がかかる

遺品整理で出たゴミを業者に回収してもらう際には、ある程度の費用がかかります。自分たちで処分をするよりも高額になるため、コストをかけずにゴミを処分したいと考える人には不向きです。

また、業者によってはゴミを分別していない状態で依頼すると追加料金を請求してくるケースもあります。業者によって費用が異なるため、複数の遺品整理業者から見積もりをとってから依頼することが大切です。

悪質な遺品整理業者とトラブルになることもある

遺品整理を専門とする会社の中には、悪質なサービスを提供する業者も存在します。悪徳業者に依頼してしまうと、以下のトラブルが発生する可能性が出てくるため注意しましょう。

  • 作業後に高額の追加料金を要求される
  • 相場よりも高い金額を請求してくる
  • 大切な遺品を傷つけられる
  • 資産価値の高い遺品を盗まれる

悪徳業者を選ばないためにも、事前に口コミや見積もり時の対応をチェックしておくことが大切です。

あわせて読みたい
遺品整理の注意点を解説|準備・確認すべきものや業者依頼時に注意すべきポイントを紹介 遺品整理を始めようとしたが、どこから手をつけていいかわからないという方は多いです。モノの価値がわからずに捨ててしまったり、二束三文で売ってしまったりする人も...

遺品整理で出たゴミの処分にかかる費用相場

遺品整理で出たゴミを処分する際にはかかる費用は処分方法によって異なります。以下のように、状況によって費用相場は変化するため注意しましょう。

  • 遺品整理・不用品回収業者に依頼した場合
  • ゴミ処理場に直接持ち込みをした場合
  • 自分でゴミを分別して処分した場合

それぞれの詳しい費用相場をまとめます。

遺品整理・不用品回収業者に依頼した場合

遺品整理・不用品回収業者に依頼した場合、住んでいる地域によって金額が異なります。例えば、奈良県の遺品整理業者に依頼した場合の相場は以下の通りです。料金相場については「みんなの遺品整理」を参考に、ミライルで独自の調査を行い算出したものです。

スクロールできます
間取り1R・1K1DK1LDK2DK2LDK3DK3LDK4LDK
遺品整理の
料金目安
32,501円〜60,750円〜73,115円〜98,131円〜119,060円〜145,975円〜165,906円〜200,408円〜
ミライルの
料金目安
25,000円〜45,000円〜54,000円〜56,000円〜80,000円〜85,000円〜140,000円〜180,000円〜
ミライルの
作業時間
(人数)
1時間〜2時間
(1名)
1時間〜2時間
(2名)
2時間〜3時間
(2名)
2時間〜4時間
(3名)
3時間〜5時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
7時間〜5時間
(5名)
※料金はすべて税込
引用:みんなの遺品整理

遺品が置かれている部屋の間取りが大きいと、遺品の量が多いと判断されます。遺品やゴミの量が増えるほど作業量も増え、費用も高くなる傾向にあるため注意が必要です。

ゴミ処理場に直接持ち込みをした場合

ゴミ処理場に直接持ち込みをした場合も、住んでいる地域によって金額が異なります。例えば、奈良県奈良市のゴミ処理場に持ち込みをした場合、一般の家庭ゴミであれば100kgまでは無料です。

100kgを超える場合でも10kg100円と格安ですが、事業系ゴミが含まれる場合は10kg160円となっています。ただし、中には搬入禁止とされているゴミも存在するため、事前に自治体のホームページを確認しましょう。

自分でゴミを分別して処分した場合

自分たちでゴミを分別して処分する場合、費用はほとんどかかりません。住んでいる地域のゴミ出しルールに従ってゴミを出せば、ほぼ無料でゴミを処分できます。

ただし、指定ゴミ袋が必要な地域に住んでいたり大型家具を処分する場合、費用がかかるため注意しましょう。大型ゴミの場合、自治体が許可した一般廃棄物収集運搬許可業者に処分を依頼する必要があります。

あわせて読みたい
遺品整理で捨ててはいけないもの14選!捨てないための注意点も解説 遺品整理を行う際、捨ててはいけないものを知っておくことは重要です。現金や、一見して価値があるとわかるものが出てきた場合、捨てる人はまずいません。しかし、遺品...

遺品整理で出たゴミを分別せずに処分してくれる業者を選ぶ時のポイント

遺品整理で出たゴミを処分してくれる業者に依頼する場合、以下のポイントを押さえて選びましょう。

  • 料金が明確で作業後に追加の費用徴収がない業者を選ぶ
  • 遺品整理の専門知識や資格を保有している優良業者を選ぶ
  • 訪問見積もりに対応している業者を選ぶ
  • ゴミ屋敷の回収にも対応した業者を選ぶ
  • ゴミ回収以外のサービスに対応した業者を選ぶ

それぞれ詳しく解説します。

料金が明確で作業後に追加の費用徴収がない業者を選ぶ

ゴミや遺品の回収を業者に依頼する場合、料金を明確に提示してくれる業者を選びましょう。見積もり書に綿密な内訳を明記していて、1つ1つの項目を細かく説明してくれる業者は優良企業の可能性が高いです。

また、作業後に追加の費用徴収がない業者も信頼できます。中には、作業後に高額の追加料金を請求してくる業者も存在するため注意しましょう。

遺品整理業者・ミライルまごころサービスであれば、見積もり後に追加料金を請求することはありません。

あわせて読みたい
一軒家の遺品整理の費用はいくら?相場の料金表や料金を下げる工夫も紹介 一軒家の遺品整理の費用をイメージできない方も多いでしょう。遺品整理の料金は主に部屋の広さで決まりますが、一軒家であれば、収納がアパートやマンションなどとは大...

遺品整理の専門知識や資格を保有している優良業者を選ぶ

業者選びで後悔しないためにも、「遺品整理士認定協会」が認めた資格保有者が在籍しているか必ずチェックしましょう。専門の知識を持ったプロが在籍した業者であれば、安心して依頼できます。

例えば、遺品整理士や廃棄物収集運搬業務許可証といった資格は、遺品整理業者には必須の資格です。もし資格を所有していない場合、悪徳業者の可能性が高くなるため注意しましょう。

訪問見積もりに対応している業者を選ぶ

ゴミの処分を業者に依頼する場合は、訪問見積もりに対応しているかをチェックしましょう。ゴミの量や家の状況によって依頼費用が変化するため、事前見積もりをとっておくと安心して依頼できます。

もし訪問見積もりに対応していない場合、悪質業者の可能性が高いです。後になって追加料金を請求されたり、高額な請求書を提示されるなどのよくあるトラブルが発生する可能性もあるため注意しましょう。

ゴミ屋敷の回収にも対応した業者を選ぶ

ゴミ屋敷の回収にも対応しているか、事前にチェックしておくことも大切です。業者によっては対応していないケースも多く、連絡をした時点で断られるケースもあります。

公式サイトや口コミを見ればサービスに対応しているかを確認できるため、事前にチェックしておくと安心です。また、事前見積もりを依頼すればどれくらいの費用がかかるかも判明します。

遺品整理業者・ミライルまごころサービスは、ゴミ屋敷の回収にも対応しているためご安心ください。

あわせて読みたい
遺品整理で残すもの12選を紹介|残すものを仕分ける前に確認すべきことや仕分けのポイントも解説 遺品整理では何を残すのか決めるのが肝心です。遺品の中には思い入れが強いものや、金銭に関わるものもあるでしょう。そのため他の遺族の事も考えないと、後々トラブル...

ゴミ回収以外のサービスに対応した業者を選ぶ

信頼できる業者かを判断するためにも、ゴミ回収以外のサービスが充実しているかについても確認しましょう。サービスが充実している業者ほど、臨機応変に対応してくれます。

サービス例をまとめると以下の通りです。

  • 遺品整理
  • 遺品買取
  • 遺品供養
  • 特殊清掃
  • 引越しサポート

ゴミ回収しか対応していない業者も多いため、事前に確認しておくと安心です。

遺品整理で出たゴミを分別せずに処分するならミライルまごころサービスがおすすめ

遺品整理で出たゴミを一気に処分したい場合は、遺品整理業者・ミライルまごころサービスにお任せください。ミライルまごころサービスはゴミ屋敷清掃や遺品の仕分け作業、不用品回収にも対応した遺品整理業者です。

特徴は以下の通りです。

  • 遺品整理士の資格を持ったスタッフが正しい処理方法でゴミ処分を担当
  • 不用品の中に価値ある品物があればその場で高価買取も可能
  • ゴミ屋敷や特殊清掃が必要な状態でもゴミ処理から清掃まで対応可能

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理士の資格を持ったスタッフが正しい処理方法でゴミ処分を担当

ミライルまごころサービスは、遺品整理のプロでもある遺品整理士が多数在籍しています。遺品整理士は遺品整理士認定協会が設けた養成講座を受け、試験に合格した人だけが所有できる資格です。

ゴミの正しい処分方法はもちろんのこと、遺品整理にまつわる知識を習得しています。そのため、遺品整理に関する悩み事もその場で解決可能です。

不用品の中に価値ある品物があればその場で高価買取も可能

ミライルまごころサービスでは、不用品の中に価値のある品物が見つかれば、その場で現金高価買取いたします。遺品整理の当日は、見落としていた価値のある品物が見つかることもありますが、ご心配いりません。

自分では価値がわからない品物でも、スタッフに相談することで価値がわかることは多いです。少しでも気になることがあれば、スタッフに確認してみてください。

遺品整理が忙しくて余裕がないひとや、当日ばたばたしそうなひとは、事前に相談してもらえれば遺品の査定も可能です。お気軽にご相談ください。

ゴミ屋敷や特殊清掃が必要な状態でもゴミ処理から清掃まで対応可能

ミライルまごころサービスは、ゴミ屋敷や特殊清掃が必要な状態でも対応可能です。ゴミ処理から部屋の清掃まで徹底して行います。

ゴミ屋敷の放置は危険です。人を家に入れられなくなったり、悪臭が発生して賃貸部屋を退去させられたりすることがあります。

手を付けられない状態でも安心してお任せください。ゴミの回収に加えて、ハウスクリーニングで部屋の消臭や除菌を行いますので、入居前のような部屋に戻せます

自力で部屋をきれいにできないくらい汚れてしまっているという方は、ぜひゴミ屋敷の片づけ、特殊清掃をご依頼ください。

遺品整理でゴミ分別したくない人からのよくある質問

最後に、遺品整理でゴミ分別したくない人からのよくある質問に回答します。

  • ゴミを分別しないで処分するとバレる?
  • ゴミを分別しなくても済む地域はある?

ゴミを分別しないで処分するとバレる?

ゴミを分別しないで処分すると、作業員が手に持った時の感覚でバレる可能性があります。地域によっては分別違反を犯すと、2,000円の罰金を課せられるケースもあるため注意が必要です。

また、分別を怠ることは「廃棄物処理法」という法律に違反する行為になります。最悪のケースだと5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金が課せられる可能性もあるので注意しましょう。

ゴミを分別しなくても済む地域はある?

ほとんどの自治体において、ゴミの分別は必須です。ゴミの分別に統一されたルールはないものの、自治体によって分別方法は定められています。

分別が厳しいところであれば、ルールに従ってゴミの分別をしっかりと行うことが大切です。もし分別の仕方がわからない場合、自治体のホームページを確認すれば明記されているため事前にチェックしましょう。

衣類はゴミとして処分できる?

衣類の量が少ない場合は一般ゴミとして処分できます。衣類は資源ゴミに当たるため、指定のゴミ袋に入れるだけで完了します。

しかし、お住まいの地域ごとに処分ルールが異なりますので、ルールに従いながら正しく処分しましょう。

遺品整理でゴミ分別をしたくない人はミライルまごころサービスにご相談ください

遺品整理で出たゴミを自分で分別するのが大変という方は、遺品整理業者にお任せするのがおすすめです。自分でゴミを分別しようとすると、時間や労力がかかりますのでぜひご検討ください。

業者に依頼する場合は、遺品整理業者と不用品回収業者があります。仕分けや遺品の買取をお願いしたい場合は、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。ご依頼の際は事前に見積もりを取って、気になることはスタッフに確認してください。

遺品整理でゴミの分別をするのが大変な方には、「ミライルまごころサービス」がおすすめです。

奈良で遺品整理を探すならミライルまごころサービス

  • 遺品の仕分けまで遺品整理のすべてをまるまる代行
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現
  • 不要な遺品・ゴミの回収にも対応

    必須ご相談内容

    必須氏名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須住所(郵便番号も含む)

    任意ご相談・ご質問

    奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスサイトでは、正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。本サイトは株式会社Mira1Lが運営しております。当記事の内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘・遺品整理のご相談はお問い合わせフォームからお寄せください。

    この記事を書いた人

    奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
    明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

    本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちらです。

    目次