奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

遺品整理業者とのトラブル例5選|相談窓口や被害を防ぐ対策法を紹介

遺品整理を業者に任せたいものの、トラブルにならないか不安な方も多いでしょう。悪徳業者の見分け方を知らないと、思わぬトラブルに見舞われて大切な遺品や財産を失ってしまう可能性もあります。

悪徳業者を見分けられれば、トラブルのほとんどは回避可能です。トラブルにあった時の相談窓口や、対応策も紹介します。遺品整理の際はぜひ優良業者に依頼して、トラブルを回避してください。

遺品整理を安心して業者に依頼したいのであれば、『ミライルまごころサービス』がおすすめです。明瞭なお見積りを元に、遺品整理の知識豊富な遺品整理士があなたに最適なサポートを行います。

365日24時間無料の主張見積もりを行っていますので、信頼できる遺品整理業者をお探しの際はぜひ一度ご相談ください。

奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現
  • 透明性のある料金明細を提案
  • 相談、見積り、見積り後のキャンセルはすべて無料

この記事を書いた人

奈良の遺品整理 ミライル

遺品整理サービス ミライル

奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちら奈良の遺品整理ミライルの執筆者情報はこちら
地域別の遺品整理のご依頼はこちら>> 奈良大阪京都

対応エリア・時期により記載価格や条件が変動する場合がございます。事前にご自宅でお見積もりをさせていただき、金額に合意の上で作業を開始します。作業終了後に事前のお見積り金額以上の追加料金をご請求することはございません。

目次

遺品整理の思わぬトラブル(事件)の事例・口コミ

遺品整理の思わぬトラブル事例をまとめました。どのようなトラブルが起きるのか、詳しく見ていきましょう。

  • キャンセル料など不当に高額請求された
  • 悪徳業者から相場以下の値段で遺品の買取をされた
  • 遺品整理時に貴金属や宝飾品などをネコババされた
  • 回収依頼した遺品を不法投棄された
  • 故人の形見や土地の権利書など重要な遺品を無断で破棄された

キャンセル料など不当に高額請求された

不当請求は、遺品整理を進める中でもかなり多いトラブル事例の1つです。遺品整理を業者に依頼する場合、訪問見積もりを行って業者が提示する金額に納得した上で契約します。

しかし、「思ったより遺品の量が多かった」という理由で、見積もりにない料金を追加請求されるケースがあります。契約を取り消したくても、キャンセル料や違約金を請求されるトラブルも多いです。

最初に見積もりを出さない悪徳業者も存在するため、細かい内訳が掲載された見積書の作成を依頼しましょう。どのような作業を行うのか、詳しい内容や金額を提示してもらえば安心です。

また、相見積もりを取って料金を比較すれば、悪徳業者かどうかの判断ができます。

悪徳業者から相場以下の値段で遺品の買取をされた

遺品整理業者によっては、資産価値のある遺品を買い取ってくれる業者が存在します。遺品整理を行う際にそのまま現金買取を行うため、支払い金額の足しにすることも可能です。

しかし、遺品を相場以下の値段で買い取る悪徳業者も存在します。仕入れ値を不当に安くして、多額の利益を得ようとしています。

このようなトラブルにあわないためにも、遺品整理業者や買取業者の過去の実績を確認するようにしましょう。利用者の声をチェックしていけば、買取に関する口コミがまとまっています。

また、訪問見積もりを依頼する際に、ある程度の査定額を聞くのも有効的な手段です。

遺品整理時に貴金属や宝飾品などをネコババされた

遺品整理中、貴金属や宝飾品などをネコババされたというトラブル事例は多いです。悪徳業者に依頼をしてしまうと、家の人が見ていないスキに貴金属や金品を盗むことがあります。

遺品整理中に現金や貴金属が見つかったとしても、報告をせずにそのまま懐に入れてしまうケースもあるため注意が必要です。そのため、資産価値のある金品や貴重品類は自分たちで管理しましょう。

全てを遺品整理業者に任せてしまうと、大切な遺品を盗まれるだけでなく傷つけられる恐れもあります。作業中は必ず立ち会うなどして、常に監視をしておくのが最も有効的な手段です。

親族が遺品を盗むというケースもあるため、信頼できる人に立ち会いを任せるようにしましょう。

回収依頼した遺品を不法投棄された

遺品整理業者に遺品の回収依頼をしたものの、山の中へ不法投棄されるというトラブル事例もあります。本来であれば、業者が回収した遺品は自治体が定めた施設に搬入されるのが一般的です。

しかし、無許可で活動をしている業者は施設への引き渡しができません。その結果、違法な手段で遺品が処理されてしまいます。

違法な手段で遺品が処理された場合、悪徳業者に依頼した遺族に責任が問われる可能性もあるため注意が必要です。そのため、事前に「一般廃棄物収集運搬業」の資格を所有しているか確認しておきましょう。

他にも、「産業廃棄物収集運搬許可証」や「古物商許可証」などの資格も取得していれば、信頼できる業者として認められます。

参考:遺品整理でゴミを分別したくない場合の対処法

故人の形見や土地の権利書など重要な遺品を無断で破棄された

故人の大切な形見や土地の権利書など、重要な遺品を勝手に処分されるというトラブル事例もあります。遺品整理を進めていく中で、現金や貴金属以外にも大事な書類が見つかる場合も多いです。

資産価値のある遺品は全て相続品として扱われるため、残す遺品として大切に保管しなくてはいけません。しかし、悪徳業者は依頼者に確認せずにそのまま回収を進めてしまうため注意が必要です。

大切な形見や重要な書類を処分されないためにも、業者に向けて注意喚起をしておくのが有効的な対策方法になります。また、大切な遺品だけは先に自分たちで仕分けをしておき、不用品の回収だけ依頼するのも良いでしょう。
参考:相続放棄する時の遺品整理の注意点について解説

悪徳な遺品整理業者を見分ける4つのポイント・注意点

悪徳な遺品業者を見分けるためにも、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 相場に対しての見積もり料金が不自然に安い
  • 訪問なしで直接電話にて本見積もりを提示する
  • 遺品整理に必要な許可を取得していない
  • 業者の情報を公式サイトに掲載していない

それぞれ詳しく解説します。

相場に対しての見積もり料金が不自然に安い

相場よりも安い料金設定をしている業者の場合、悪質業者の可能性が高いです。最初は安い見積もり料金を提示していても、多額の追加料金を請求される場合もあります。

遺品整理には労力がかかる上、重たい家具や家電が多いと1人だけで回収作業はできません。遺品整理業者に依頼すると、家電や家具などの運び出しだけでも数十万円かかる場合もあります。

そのため、遺品整理業者へ依頼する場合の料金相場を把握することも大切ですが、複数社から見積もりを取り、料金の比較をしてから最適な遺品整理業者を選ぶことがおすすめです。

訪問なしで直接電話にて本見積もりを提示する

業者に電話でお問合せをした際に、見積もり金額を提示してきたら要注意です。

優良な遺品整理業者であれば、訪問見積もりを最初にご提案していきます。しかし、悪徳業者はそのまま電話にて契約を進めていき、作業当日になって追加の遺品整理にかかる費用を請求してくる可能性が非常に高いです。

遺品の量を正しくチェックしてもらわないと、正確な見積もりを出すことはできません。そのため、訪問見積もりに対応した業者を選ぶことが大切です。
参考:一軒家の遺品整理に必要な費用を解説

遺品整理に必要な許可を取得していない

遺品整理はさまざまな作業を行うため、業者は状況に応じて対応できる許可を取得しておく必要があります。例えば、回収した不用品の処分をするためには「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要です。

他にも、「古物商許可」がないと遺品の買取はできません。もし資格を取得していない業者に依頼すると、大切な遺品を雑に扱われたり不法投棄されてしまう恐れもあります。

そのため、許可を取得しているか事前に確認することが大切です。
参考:遺品整理で捨ててはいけないもの

業者の情報を公式サイトに掲載していない

優良な遺品整理業者であれば、自社のホームページを持っているのが一般的です。会社の所在地や電話番号だけでなく、代表者名や所持資格、過去の事例などを記載しています。

悪徳業者の場合、自社サイトを所有していないだけでなく、チラシにも詳細情報を記載していない場合が多いです。自社の素性を明かさないことは、それ相応の理由がある証拠とも言えます。

そのため、依頼したい遺品整理業者を見つけたら、公式ホームページを検索すると良いでしょう。

遺品整理で後悔しないためのトラブル回避策4選

遺品整理で後悔をしないためにも、トラブルを避けるための対策が必要です。業者に遺品整理を依頼する場合には、以下の点に注意しましょう。

  • 複数の遺品整理業者から見積もりを取る
  • 残すべき遺品はあらかじめ整理しておく
  • 貴金属や貴重品類は自分たちで管理する
  • 遺品の買取をしてもらう場合は買取実績のある業者に依頼する

それぞれ詳しく解説します。

複数の遺品整理業者から見積もりを取る

遺品の回収や処分を業者に依頼をする際には、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。複数社から見積もりを取れば、自分の地域にある遺品整理業者の相場がわかります。

もし遺品整理の相場を知らずに依頼してしまうと、高額だと知らずに料金を支払ってしまう可能性が高いです。他社と比較をするためにも、相見積もりを取れば後悔する心配はありません。

料金だけでなくスタッフの対応も確認可能なため、いくつか気になる業者に問い合わせをしてみましょう。
参考:遺品整理を依頼する際の見積もりにおける注意点

残すべき遺品はあらかじめ整理しておく

業者が誤って遺品を回収しないように、残しておくべき遺品は別で分けておきましょう。回収・処分されて困る大切な遺品は、作業員の目に入らない別の場所に保管しておけば安全です。

事前に「残すもの」と「処分するもの」とで仕分けをし、確認用として写真を撮ったり印をつけるのも良いでしょう。また、遺品の回収作業を行う際には一つひとつ確認を取っていけば安心です。
参考:遺品整理とは何か、費用や時期について解説

貴金属や貴重品類は自分たちで管理する

貴金属や貴重品などの遺品は、自分たちで管理するようにしましょう。資産価値のある遺品は盗まれやすく、いつの間にかなくなっているケースが多いです。

貴重品として扱われている遺品を以下にまとめました。

  • 通帳
  • 印鑑
  • クレジットカード
  • パスポート
  • 借用書
  • 保険証
  • 有価証券
  • 土地の権利書
  • ネックレスや骨董品など、価値ある遺産

トラブルを避けるためにも、全てを業者に任せてはいけません大切な遺品は最低限、自分たちで管理するようにしましょう。
参考:遺品整理を自分でする際の方法や注意点を解説

遺品の買取をしてもらう場合は買取実績のある業者に依頼する

遺品整理業者に遺品の買取を依頼したい場合や、これまでの遺品の買取実績を確認しましょう。実績がある業者であれば、相場以下の値段で遺品を買い取られる心配もありません。

買取実績は業者の公式ホームページに掲載されている場合が多いです。作業実績や年間・月間の作業件数なども記載されているため、依頼しても大丈夫かの判断材料になります。

また、買取金額の交渉に応じてくれるところほど優良業者の可能性が高いです。

あわせて読みたい
遺品整理の注意点を解説|準備・確認すべきものや業者依頼時に注意すべきポイントを紹介 遺品整理を始めようとしたが、どこから手をつけていいかわからないという方は多いです。モノの価値がわからずに捨ててしまったり、二束三文で売ってしまったりする人も...

遺品整理・片付け業者でトラブルにあった際の対応策

遺品整理中にトラブルが発生してしまった場合は、以下の方法にて対応していきましょう。

  • 国民生活センターへ相談する
  • 警察や弁護士に相談する
  • 不当な契約を結んでしまったらクーリングオフを行う

それぞれ詳しく解説します。

参考:遺品整理が大変で辛い・悲しい時の対処法を紹介

国民生活センターへ相談する

遺品整理業者とトラブルになった場合、国民生活センターに相談をしましょう。国民生活センターは国民にとって必要な情報を提供し、トラブルがあった際の解決手続きを実施してくれる機関です。

どのような対策をすればいいのか、過去の事例をもとに話をしてくれます遺品整理に関するトラブルにも対応してくれるため、以下の連絡先を参考にして相談をしてみてください。

  • 消費者ホットライン(全国統一番号)
    ・電話番号:188(局番なし)
  • 国民生活センター 平日バックアップ相談
    ・電話番号:03-3446-1623
    ・対応時間:10時~12時、13時~16時
    ※消費者ホットラインに繋がらない場合に利用してください。
  • 国民生活センター 休日相談
    ・電話番号:188(局番なし)
    ・対応時間:10時~16時

参考:国民生活センター|全国の消費生活センター等

警察や弁護士に相談する

もし遺品整理業者とトラブルになった場合は、警察や弁護士に相談することも検討しましょう。警察に通報すれば、随時対応してくれてトラブルを解決に導いてくれます。

また弁護士に依頼するなら、気軽に相談できる「法テラス」がおすすめです。法テラスとは国が定めた法的トラブル解決の総合案内所になります。

専門の弁護士スタッフも在籍しているため安心です。相談をする場合、以下の連絡先から問い合わせをしてみてください。

  • 警察相談ダイヤル#9110
    ・電話番号:#9110(局番なし)
  • 法テラス・サポートダイヤル
    ・電話番号:0570-078374
    ・対応時間:10時~16時

参考:警察庁|警察相談ダイヤル#9110
参考:日本司法支援センター・法テラス|相談を希望の方へ

不当な契約を結んでしまったらクーリングオフを行う

遺品整理業者に不当な金額を請求されて契約してしまった場合、クーリングオフ制度を利用できます。契約を結んで8日以内に制度を活用すれば、申し込みの撤回が可能です。

クーリングオフ制度を活用するには、書面で業者に通知をする必要があります。内容証明郵便などを送付して、代金の全額返金を業者に要求しましょう。

要求に応じない場合は悪徳業者扱いとなるため、警察または弁護士への相談が必要です。
参考:奈良で一人暮らしの家の遺品整理をスムーズに行う方法

遺品整理・遺品買取はミライルまごころサービスへご相談ください

遺品整理業者に依頼した際に起こるトラブル事例をご紹介しました。遺品整理に関するトラブルは多種多様です。しかし注意深く業者の情報を精査すれば、必ず信頼できる遺品整理業者に出会えるでしょう。

信頼できる遺品整理業者をお探しであれば、『ミライルまごころサービス』にお任せください。明瞭なお見積りを行い、遺品整理のプロである遺品整理士が遺品整理を進めて参ります。

お手頃価格で遺品整理のプロに依頼したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現
  • 透明性のある料金明細を提案
  • 相談、見積り、見積り後のキャンセルはすべて無料

    必須ご相談内容

    必須氏名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須住所(郵便番号も含む)

    任意ご相談・ご質問

    奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスサイトでは、正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。本サイトは株式会社Mira1Lが運営しております。当記事の内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘・遺品整理のご相談はお問い合わせフォームからお寄せください。

    この記事を書いた人

    奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
    明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

    本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちらです。

    目次