奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

亡くなった人の物は処分した方がいい?捨てられない人の特徴や遺品整理を依頼する際の注意点を紹介

亡くなった人の物はなかなか捨てられません。処分した方がいいと思っていても、気持ちの整理がつかない人は多いです。しかし、遺品をいつまでも残しておくと、収納スペースが圧迫されたり、ほこりやカビの原因になったりします。

この記事では、亡くなった人の物を処分した方がいい理由と、処分できない人の特徴を紹介します。また、遺品整理を依頼する際の注意点も紹介しますので、ぜひ確認してください。

遺品整理になかなか踏み出せないという方は、この記事を読めば遺品整理の必要性と注意点がわかります

「遺品整理が大切なのはわかったけどどこの業者がいいかわからない」という方には、「ミライルまごころサービス」がおすすめです。

奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 遺品の仕分けまで遺品整理のすべてをまるまる対応
  • 価値ある遺品はその場で現金買取
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現

奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

この記事を書いた人

奈良の遺品整理 ミライル

遺品整理サービス ミライル

奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちら奈良の遺品整理ミライルの執筆者情報はこちら
地域別の遺品整理のご依頼はこちら>> 奈良大阪京都

対応エリア・時期により記載価格や条件が変動する場合がございます。事前にご自宅でお見積もりをさせていただき、金額に合意の上で作業を開始します。作業終了後に事前のお見積り金額以上の追加料金をご請求することはございません。

目次

亡くなった人の物は処分した方がいい理由

亡くなった人の物は、以下の理由で早めに処分をした方が良いです。

  • 遺品の中で使えるものだけを選別し再利用できる
  • 遺品を収納していた生活スペースを有効に使える
  • 遺品の放置によるホコリやカビの発生リスクを軽減できる
  • 遺品の残留による相続等の法的リスクを回避できる
  • 遺品を見る度に感じる遺族の精神的負担を減らせる

それぞれ詳しく解説します。

遺品の中で使えるものだけを選別し再利用できる

遺品の中で使える物だけを選別して再利用すれば、捨てる必要がないものを処分せずに済みます。例えば、洗濯機や電子レンジなどはそのまま使えることが多く、再利用しやすい家電です。

また、使える遺品を手元に残せば、遺族の思い出がこもったものを使い続けられます。もし不要なものが出てきたとしても、再利用できればリサイクルに回すことも可能です。

参考:近くのリサイクルショップ探しなら「ソレウル Soreuru」

遺品を収納していた生活スペースを有効に使える

亡くなった人の物をそのまま家の中に残してしまうと、生活スペースが圧迫されてしまいます。その点、亡くなった人の物を処分すれば新たなスペースが生まれるため、別の用途で利用可能です。

例えば、物置やクローゼットの中にある遺品を処分するだけでも、大きな収納スペースが生まれるでしょう。今まで部屋の片隅に置かれていた物も収納できるようになるため、生活環境の改善にもつながります。

遺品の放置によるホコリやカビの発生リスクを軽減できる

亡くなった人の物を処分すれば、ホコリやカビの発生リスクを軽減することが可能です。

例えば、遺品をそのまま放置していた場合、ホコリが徐々に溜まってしまいます。また、風通しが悪く湿度が高い場所に遺品を放置していると、カビが生えてしまうでしょう。

ホコリやカビを大量に吸い込むと肺炎を引き起こす可能性が高く、高齢者や幼児には悪影響です。一緒に住む人のことを考えるなら、早めに遺品を処分すべきと言えます。

遺品の残留による相続等の法的リスクを回避できる

亡くなった人の物を放置していたせいで、相続トラブルに発展するケースは多いです。遺品の中にはネックレスや時計が含まれるケースも多く、後になって発見される場合もあります。

資産価値の高い遺品が見つかった際には相続トラブルになる可能性も高く、最悪のケースでは訴訟問題に発展することもあります。そのため、いらない物は処分しつつ、必要な物は事前に仕分けをしておくことが大切です。

遺品を見る度に感じる遺族の精神的負担を減らせる

遺品を見ることで再び悲しみや喪失感が襲い、心に負担をかけてしまう可能性が高いです。遺品を処分すれば精神的負担を減らせるため、心の整理もしやすくなるでしょう。

関連記事:亡くなった人の物を使うスピリチュアル意味と効果|Lani

亡くなった人の物を処分できない人の特徴

亡くなった人の物を処分できない人は、以下の特徴に当てはまるケースが多いです。

  • 思い出の詰まった遺品を捨てることに罪悪感がわく
  • まだ使える遺品まで捨てるのがもったいない
  • 亡くなった人の物が多すぎて整理が面倒
  • 遺品整理を実施する費用が工面できない

それぞれ詳しく解説します。

思い出の詰まった遺品を捨てることに罪悪感がわく

亡くなった人の物には思い出が詰まっており、処分することに罪悪感を抱く人もいます。遺品整理を進めようと思っても心の整理がついておらず、いざ進めても悲しい気持ちになり手が止まることは多いです。

もし辛くて悲しい気持ちになるならば、遺品整理のタイミングをずらして一旦心の整理を行いましょう。遺品の回収や整理をしてくれる専門の業者もいるため、処分できない場合は依頼を検討することが大切です。

まだ使える遺品まで捨てるのがもったいない

亡くなった人の物を処分できない人の中には、「捨てるのがもったいない」と考える人も多いです。必要なくなった遺品は処分するしかないと考える人もいますが、中には売れるものも存在します。

例をまとめると以下の通りです。

  • 貴金属
  • 着物
  • カメラ
  • 美術品・骨董品
  • 時計
  • ゴルフ用品
  • ブランド品
  • ジュエリー
  • 家具・家電(パソコンやスマホも含む)

遺品の中には高値で売れやすいものも含まれるため、いくらぐらいで売れるか事前に確認しておくことが大切です。

あわせて読みたい
遺品整理時に遺品を高値で買取してもらうコツと高値で売れる遺品10選|おすすめの買取業者も解説 「遺品を高値で買取してもらうコツを知りたい」「高価買取されやすい遺品を知りたい」 本記事では、遺品を高値で買取してもらうためのコツや高価買取されやすい遺品の一...

亡くなった人の物が多すぎて整理が面倒

亡くなった人の物が部屋の中に溢れかえっている場合、そのまま何もせず放置されてしまう場合もあります。ゴミを分別したり処分したりするには時間がかかるため、めんどくさいと感じてしまう人は多いです。

自分で遺品整理時のゴミ分別したくない人は、遺品整理業者に依頼してみましょう。めんどくさがりな性格の方でも、遺品の回収や処分、仕分けまでの全ての作業を一任できるため安心です。

遺品整理を実施する費用が工面できない

遺品の処分を試みたいけれど、費用が工面できずにそのまま放置をしている人も多いです。もし業者に遺品の回収を依頼した場合、最低限の費用がかかってしまいます。

しかし、遺品整理業者の買取サービスを利用すれば、遺品整理にかかる費用を工面することが可能です。例えば、時計やネックレスなど資産価値の高い遺品は高値で買い取ってくれます。

遺品の中には高値で売れる遺品が眠っているケースも多いため、事前に確認しておくことが大切です。

あわせて読みたい
遺品整理を安くする方法とは?安くて安心できる遺品整理業者の選び方も含めて徹底解説 遺品整理を安く済ませたいと思っていませんか?大量にあるゴミや不用品を1人で処分するのは、体力的にも精神的にも疲れてしまいますよね。また葬儀費などでお金を使って...

亡くなった人の物が処分できない場合の対処法

亡くなった人の物がどうしても処分できない場合は、以下の方法にて対処しましょう。

  • 買取業者に依頼する
  • 友人・知人に無料で譲る

それぞれ詳しく解説します。

買取業者に依頼する

亡くなった人の物を処分するならば、買取業者に問い合わせをして遺品の回収を依頼しましょう。買取業者に依頼をすれば、遺品の買取だけでなく不必要な物も処分してくれます。

また、買取サービスを提供している遺品整理業者に依頼をすれば、遺品の中で何を処分すべきかのアドバイスをもらえます。遺品整理に関する全ての作業を一任できるため、遺族や親族にかかる精神的負担はありません。

遺品整理業者・ミライルまごころサービスであれば、遺品の買取も受け付けているため、お気軽にご相談ください。

参考:不用品回収・出張買取・ 古銭着物買取のなんでも買取ナビ

友人・知人に無料で譲る

どうしても処分できない場合、故人の友人や知人に無料で譲る「形見分け」の実施も検討しましょう。形見分けは亡くなった人の愛用していた物を、親族だけでなく友人や知人に贈ることを意味します。

故人の愛用品を持ち続けることで、いつまでも故人を偲ぶことが可能です。ただし、高価すぎる遺品を譲る場合、贈与税の対象となるケースがあるため注意しましょう。

闇雲に亡くなった人の物を渡しても迷惑となる場合もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

亡くなった人の物が捨てられない場合はミライルまごころサービスへの依頼もおすすめ

亡くなった人の物が捨てられない場合、遺品整理業者・ミライルまごころサービスにご相談ください。ミライルまごころサービスは不用品回収だけでなく、遺品買取にも対応した専門業者です。

特徴は以下の通りです。

  • 24時間365日いつでも受付対応可能
  • 遺品整理のプロにまるっとお任せできる
  • 買取や特殊清掃など、遺品整理以外のサポートも充実している

それぞれ詳しく解説します。

亡くなった人の物が捨てられなくても立ち合い不要で依頼できる

ミライルまごころサービスは、亡くなった人の物が捨てられなくても、立ち合い不要で遺品整理を依頼可能です。事前にご相談いただければ、当日は立ち合いなしでも遺品整理いたしますので、ご安心ください。

自分で捨てられないものであっても、遺品整理士の資格を持ったスタッフが適切な方法で、遺品の処分や買取をします。遺族の気持ちを尊重して、処分する物と残す物を仕分けしますので、お任せください。

遺品の中には、処分されるところを見るのがつらいと感じる物もありますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理のプロにまるっと依頼できる

ミライルまごころサービスは遺品整理のプロでもある遺品整理士が多数在籍しており、そのまま作業を任せられます。遺品整理士とは、遺品整理士認定協会」が設けた試験に合格した人だけが所有できる民間資格です。

遺品整理の知識はもちろんのこと、正しい供養方法や処分すべきでない遺品などのあらゆる知識を習得しています。もし遺品整理中に相談をしたいとなっても、その場で解決することも可能です。

あわせて読みたい
遺品整理で捨ててはいけないもの14選!捨てないための注意点も解説 遺品整理を行う際、捨ててはいけないものを知っておくことは重要です。現金や、一見して価値があるとわかるものが出てきた場合、捨てる人はまずいません。しかし、遺品...

買取や特殊清掃など、遺品整理以外のサポートも充実している

ミライルまごころサービスは買取や特殊清掃など、遺品整理以外のサポートも充実しています。サービス内容をまとめると以下の通りです。

  • 遺品買取・供養
  • 特殊清掃
  • 引っ越しサポート

遺品の買取や供養も実施しており、売却して得たお金は支払い料金の足しにもできます。特殊清掃にも対応しており、ゴミ屋敷と化している部屋の片付けも可能です。

また、引越しサポートも実施しているため、遺品整理後に引越し作業を進めたい場合もご相談いただけます。

あわせて読みたい
亡くなった親の家の片付け方法とは?手順や業者依頼時の費用を解説 親が亡くなった後の家の片付けは、いつか誰かがやらなくてはいけません。しかし、親の遺品を整理すると一言でい言っても、何からやればいいのか見当もつかないと思われ...

亡くなった人の処分しない方がいい物一覧

亡くなった人が残した物の中には、処分しない方がいい物もあります。例をまとめると以下の通りです。

処分しない方がいい物概要
遺言書故人の想いを確認する際に必要
現金家の中にある現金は全て遺産として扱われる
通帳現金を引き出すためにも必要
印鑑サービスの解約や現金の引き出し時に使用
身分証明書・保険などの契約書類故人が生前契約していたサービスや商品を解除したい場合に必要
本人情報の記載のあるカード類返却手続きが必要
支払通知書公共料金の支払いを停止する際に必要
故人が残した遺品を探す際に必要
故人宛に届いた手紙訃報の連絡を入れる際に役立つ
デジタル遺品重要なデータが残されている可能性がある
レンタル品返却手続きが必要
相続人が欲しがりそうなもの他の相続人が欲しいと思っている遺品
美術品や貴金属業者に買取を依頼する際に必要
写真や賞状・記念品写真を見て故人を思い返す際に必要

誤って処分することでトラブルに発展するケースもあるため、事前にチェックしておきましょう。

あわせて読みたい
遺品整理で残すもの12選を紹介|残すものを仕分ける前に確認すべきことや仕分けのポイントも解説 遺品整理では何を残すのか決めるのが肝心です。遺品の中には思い入れが強いものや、金銭に関わるものもあるでしょう。そのため他の遺族の事も考えないと、後々トラブル...

亡くなった人の物を処分した方がいい時期

亡くなった人の物は、一般的に以下のタイミングにて処分されます。

スクロールできます
時期概要
四十九日法要を終えて落ち着いたとき遺族や親族が集まりやすい四十九日法要を終えたタイミングにて遺品整理を行うことが多い。
公共機関への手続きを終えた後公共機関や家賃等の支払いを先に行えば、落ち着いて遺品整理を行える。
葬儀を終えた直後親族が遠方に住んでいる場合、葬儀や告別式の段階で遺品整理について話し合い、葬儀が終わった後に遺品整理を行うことが多い。
相続税が発生する10ヶ月以内相続税は故人が残した遺産から算出され、非課税額を超えた場合は死後10ヶ月以内に申告が必要。遺品整理中に出てくる通帳や貴金属が遺産となるため、早めの片付けが必要。
気持ちの整理がついた後遺品整理中は思い出がよみがえって辛くなるシーンも多いため、精神的に落ち着いた状態で取り組むのがおすすめ。

遺品整理のタイミングに明確な決まりはありません。ただし、早めの処分が必要となるケースもあるため注意しましょう。

あわせて読みたい
遺品整理はいつから始めるべきかおすすめの時期を紹介|始める前の注意点や業者に頼むメリットも解説 故人が亡くなったばかりの頃は、葬儀の手配や公的機関の手続きなどさまざまな問題が山積みしています。忙しくて遺品整理まで手が回らないというのは真実ですが、いつか...

亡くなる前に生前整理で遺品となり得るものの取り扱いを決めておくこともおすすめ

身内の誰かが亡くなる前に、生前整理を行い遺品をどのように取り扱うか本人が決めておくこともおすすめです。

生前整理は、自身の遺品を本人自らが仕分けたり処分したりします。大切な遺品を本人自らが整理するため、何を残すかの決定権は本人にあります。

一方、遺品整理は故人の残した遺品を本人の家族や親族が行うのが一般的です。遺品の整理方法に大きな違いはないものの、生前整理をしておけば残された家族や親族に負担は与えません。

あわせて読みたい
自分で遺品整理をおこなう方法を紹介|進め方や4つの注意点について解説 遺品整理を自分で行いたい方もいらっしゃるでしょう。業者に頼むと費用が掛かりますので、自分たちで遺品整理を行えれば節約になります。実際に遺品整理を行う際は手順...

遺品整理業者へ依頼する際の注意点

亡くなった人の物を遺品整理業者に依頼して処分してもらう場合、以下注遺品整理における注意点を確認しましょう。

  • 遺品整理のプロである遺品整理士がいる業者を選ぶ
  • 割増料金・追加料金がかかる条件を確認しておく

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理のプロである遺品整理士がいる業者を選ぶ

遺品整理業者に依頼をする際には、遺品整理士が在籍しているか確認しましょう。遺品整理士は遺品整理のプロを証明する資格で、優良企業であることを証明する資格でもあります。

他にも、廃棄物収集運搬業務許可証の資格を持っていれば、回収した遺品を正しく処分してくれるため安全です。遺品整理業者とのトラブルを避けるためにも、国民生活センター推奨の遺品整理業者の選び方も参考にしましょう。

  • 契約する際には、改めて作業日、作業内容、追加料金やキャンセル料等を含む料金について確認しましょう。
  • 残しておきたいものまで処分されてしまうケースもあります。残しておくものと処分するものを明確に分けておきましょう。
  • 困ったときは、お早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン 188)。
独立行政法人 国民生活センター|遺品整理サービス 契約内容をよく確認より
あわせて読みたい
良い遺品整理業者の選び方を紹介|8つのポイントとよくあるトラブルも紹介 遺品整理を依頼したいものの、どの業者に依頼すれば良いかお悩みの方も多いかと思います。大切な遺品を雑に扱われたり、想定よりも高い料金を請求されてしまっては大変...

割増料金・追加料金がかかる条件を確認しておく

遺品整理を業者に依頼する場合、割増料金・追加料金がかかる条件を確認しておきましょう。以下の条件に当てはまる場合、追加料金が発生するケースが多いです。

  • 週末や繁忙期に遺品整理を実施する
  • 依頼した業者の所在地が自宅から遠い
  • 住んでいる部屋が2階以上の賃貸住宅
  • 部屋がゴミ屋敷と化している

遺品整理業者によっては、高額な追加料金を請求してくるケースもあるため注意が必要です。ミライルまごころサービスであれば、見積もり後の追加料金は一切かかりません。

あわせて読みたい
一軒家の遺品整理の費用はいくら?相場の料金表や料金を下げる工夫も紹介 一軒家の遺品整理の費用をイメージできない方も多いでしょう。遺品整理の料金は主に部屋の広さで決まりますが、一軒家であれば、収納がアパートやマンションなどとは大...

亡くなった人の物の処分・遺品整理のご相談はミライルまごころサービスへ

亡くなった人が残した物の処分は、遺族の精神的負担を軽減するためにも、早めに行うのがおすすめです。目安は四十九日法要の後や、相続税が発生する十ヶ月以内などがあります。

遺品を残したままにすると、相続トラブルなどが発生します。もしどうしても処分できないときは、買い取り業者に依頼する、友人・知人に無料で譲るなどしましょう。

もし自分で遺品整理をするのが大変だと感じたら、ミライルまごころサービスがおすすめです。遺族の気持ちに寄り添い、大切な遺品の処分を代行いたしますので、お気軽にご相談ください。

愛知・名古屋の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 遺品の仕分けまで遺品整理のすべてをまるまる対応
  • 価値ある遺品はその場で現金買取
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現

    必須ご相談内容

    必須氏名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須住所(郵便番号も含む)

    任意ご相談・ご質問

    奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスサイトでは、正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。本サイトは株式会社Mira1Lが運営しております。当記事の内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘・遺品整理のご相談はお問い合わせフォームからお寄せください。

    この記事を書いた人

    奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
    明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

    本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちらです。

    目次