奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

生前整理とは?遺品整理や終活との違いを解説|生前整理で大切なことや費用について紹介

「生前整理」と「遺品整理」は異なります。生前整理は自分で生前に遺品を整理すること、遺品整理は自分が亡くなった後に家族が遺品を整理することです。それぞれにメリット、デメリットがあるので、しっかりと理解しておくことで相続などのトラブルを防げます。

この記事では生前整理と遺品整理の違いを詳しく解説し、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

また「遺品整理を業者に任せたいけど、どこの業者に任せたらいいかわからない」という方には、『ミライルまごころサービス』がおすすめです。

この記事を読めば、生前整理や遺品整理に関する悩みが解決します。生前整理や遺品整理をスムーズに進めたい方におすすめの内容となっていますので、ご参考ください。

奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 遺品整理のプロ「遺品整理士」による適切な仕分け
  • 遺品整理以外にも遺品の買取・回収もできる
  • ご相談は土日祝関係なく24時間365日すぐ対応

この記事を書いた人

奈良の遺品整理 ミライル

遺品整理サービス ミライル

奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちら奈良の遺品整理ミライルの執筆者情報はこちら
地域別の遺品整理のご依頼はこちら>> 奈良大阪京都名古屋

対応エリア・時期により記載価格や条件が変動する場合がございます。事前にご自宅でお見積もりをさせていただき、金額に合意の上で作業を開始します。作業終了後に事前のお見積り金額以上の追加料金をご請求することはございません。

目次

生前整理と遺品整理の違い

遺品を整理するという意味では、生前整理と遺品整理に大きな違いはありません。ただし、遺品を「本人」が整理するのか「本人の家族や親族」が整理するかによって違いが生まれます。

例えば、生前整理は自身の遺品を本人自らが仕分けたり処分したりすることが一般的です。大切な遺品を本人自らが整理するため、何を残すかの決定権は本人にあります。

そして、遺品整理は故人の残した遺品を本人の家族や親族が行います。遺品の整理方法に大きな違いはないものの、生前整理をしておけば残された家族や親族に負担は与えません。

生前整理を行うメリット

終活の一種として、生前に遺品の整理を行う人も増えてきています。生前整理のメリットをまとめると以下の通りです。

  • 家族に遺品整理の苦労をかけずにすむ
  • 家族の相続トラブルを未然に防げる
  • 身の回りの生活環境をキレイに整えることができる

それぞれ詳しく解説します。

家族に遺品整理の苦労をかけずにすむ

もし自分が亡くなったとしても、生前整理をしておけば残された家族に遺品整理の苦労をかけずにすみます。例えば、故人が大量の遺品を残しておいた場合、遺品整理にはかなりの時間を要します。

生前整理をしておけば家族に大きな負担をかけずにすむため、遺族への恩返しの1つにもなります。

家族の相続トラブルを未然に防げる

遺品の整理を進めていくにあたって最も多いのが「相続トラブル」です。ネックレスや時計といった資産価値のある遺品が残っている場合、誰が相続をするかで揉めることが多々あります。

しかし、生前整理を先に済ませておけば家族の相続トラブルを未然に防ぐことも可能です。事前に遺品の仕分けをしておけば、「誰に何を残すか」「どれを処分するか」などが明確になります。

生前整理なら遺品をどうするか本人が決められるため、相続人同士で揉めることもありません。

身の回りの生活環境を整えることができる

生前整理は何も、遺品の整理を目的とした作業だけではありません。家の中の整理をすることで生活環境を整えることができます。

部屋の中が物で溢れてしまうとカビや菌が繁殖する可能性も高くなり、身体に悪影響を与える可能性もあります。

そのため、家の中にある物を減らして環境を整えるという意味でも、生前整理を行うことは大切です。

参考:実家の片付け時に出てくる売れるもの

生前整理を行うデメリット

生前整理はさまざまなメリットがある一方で、デメリットも存在します。まとめると以下の通りです。

  • 捨てられない物が多いと作業が進みづらい
  • 労力や手間がかかり疲れる

それぞれ詳しく解説します。

捨てられない物が多いと作業が進みづらい

いざ生前整理を始めたとしても、捨てられない物が多いと思い通りに片付けは進みません。例えば、写真やアルバム、趣味で集めた思い出の品などがあると仕分け作業が遅れます。

「どれも大切な物だから捨てられない」となり、途中で生前整理を諦めてしまう人も多いです。そのため、まずは「本当に必要なもの」と「不必要なもの」とで仕分ける必要があります。

本当に必要だと思うものだけを残すことで、作業がスムーズに進むでしょう。
参考:遺品整理で捨ててはいけないもの

あわせて読みたい
亡くなった人の物は処分した方がいい?捨てられない人の特徴や遺品整理を依頼する際の注意点を紹介 亡くなった人の物はなかなか捨てられません。処分した方がいいと思っていても、気持ちの整理がつかない人は多いです。しかし、遺品をいつまでも残しておくと、収納スペ...

労力や手間がかかり疲れる

生前整理を始める場合、思った以上の労力や手間がかかります。大きな家具や家電を処分するとなった場合、外に運び出すだけでもかなりの重労働です。

また、部屋の中にある物によっては捨てる・捨てないの判断がしにくいものも多く、精神的な負担もあります。生前整理を進める際には身体を酷使するため、スケジュールを立てて家族や親族みんなで片付けを行うことが大切です。
参考:遺品整理をいつから始めるべきか解説

生前整理をスムーズに進めるために大切なこと

生前整理をスムーズに進めていくためにも、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • ある程度体力があるうちに取り組んでおく
  • スマホやPCなどのパスワードやアカウントを整理する
  • 捨てられないものは無理せず家族に任せる

それぞれ詳しく解説します。

ある程度体力があるうちに取り組んでおく

生前整理を進めるなら、ある程度体力があるうちに取り組んでおきましょう。なぜなら、年齢を重ねるほどに体力は衰えてしまい、生前整理作業も進みにくくなるからになります。

生前整理を進めていくと、重たい家具や家電を持ち運びすることは非常に多いです。もし体力が衰えた状態で作業を進めると、怪我をする恐れもあります。

お年を召していて作業ができない場合は、体力のある家族や親族に協力を依頼することも大切です。

スマホやPCなどのパスワードやアカウントを整理する

生前整理を進める際には、スマホやPCなどのパスワードやアカウントを整理するようにしましょう。近年において写真や動画だけでなく、相続に関連する大切なデータもスマホやPC内に保存する人が増えてきました。

しかし、本人以外はパスワードやアカウント名を知らないことが多く、さまざまなトラブルが生じます。金融機関の情報がスマホやPC内に保管されていることも多いため、トラブルを避けるためにも事前の整理が大切です。

整理した情報はエンディングノートや遺言書に記しておけば、家族や親族に迷惑をかけることもありません。

捨てられないものは無理せず家族に任せる

どうしても捨てられないものを見つけた場合、無理せず家族に片付けを任せましょう。思い出が残っているものを処分する際には、精神的苦痛を感じる場合もあります。

そんな時に、処分をするかどうかの最終判断は家族に任せると安心です。ただし、中には処分に困るものや持ち運びが大変なものも含まれるため、事前に話し合いをしておくと良いでしょう。

業者と個人で生前整理にかかる費用の違い

生前整理を個人で行う場合、1万円以内で済ませることが可能です。自分で遺品を仕分けをしていき、必要に応じて業者に依頼して処分を依頼する形になります。

遺品の整理を業者に依頼した場合、間取りによって価格や作業人数が異なるため注意が必要です。遺品整理業者の料金相場は以下の通りです。料金相場については「みんなの遺品整理」を参考に、ミライルで独自の調査を行い算出したものです。

スクロールできます
間取り1R・1K1DK1LDK2DK2LDK3DK3LDK4LDK
遺品整理の
料金目安
32,501円〜60,750円〜73,115円〜98,131円〜119,060円〜145,975円〜165,906円〜200,408円〜
ミライルの
料金目安
25,000円〜45,000円〜54,000円〜56,000円〜80,000円〜85,000円〜140,000円〜180,000円〜
ミライルの
作業時間
(人数)
1時間〜2時間
(1名)
1時間〜2時間
(2名)
2時間〜3時間
(2名)
2時間〜4時間
(3名)
3時間〜5時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
7時間〜5時間
(5名)
※料金はすべて税込
引用:みんなの遺品整理

処分品の重さや廃棄方法、建物の立地によっては追加料金が発生する場合もあります。他にも、引っ越しシーズンでもある3月〜4月の繁忙期や週末は料金が高めです。

自分たちである程度の遺品整理を進めつつ、繁忙期や週末を避けて依頼をすればコストを抑えられます。
参考:遺品整理を依頼する際の見積もりにおける注意点

遺品整理業者に依頼するメリット

生前整理を遺品整理業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 遺品整理のプロに仕分け作業を全て任せられる
  • 遺品の買取や回収など遺品整理以外のことも依頼できる

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理のプロに仕分け作業を全て任せられる

遺品整理を専門とした業者には、プロでもある『遺品整理士』が在籍しています。遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が設けた試験に合格した人だけが持てる資格です。

プロが丁寧に遺品の仕分けをするため、安心して作業を任せられます。ただし、中には遺品整理士が所属していない業者も多く、場合によっては悪徳業者の可能性もあるため注意が必要です。
参考:おすすめの遺品整理業者の選び方を紹介

遺品の買取や回収など遺品整理以外のことも依頼できる

遺品整理業者の作業内容は、遺品の仕分けだけではありません。業者によってサービス内容は異なるものの、遺品の買取や回収なども依頼できます。

処分品の中に資産価値のあるものが含まれている場合、買取をしてくれるため支払い金額の足しにすることも可能です。さまざまな業者に依頼をせずとも一括で作業を済ませてくれるため、スムーズな片付けが期待できます。
参考:遺品整理業者とのトラブル例を解説

家族に負担をかけずに生前・遺品整理を依頼したいならミライルまごころサービスがおすすめ

家族に負担をかけず生前整理や遺品整理を進めたい場合、『ミライルまごころサービス』にお任せください。ミライルまごころサービスは関西を中心とした遺品整理業者で、遺品整理のプロが多数在籍しています。

特徴をまとめると以下の通りです。

  • 遺品整理士の有資格者が正しい方法で作業を担当するから安心
  • 生前整理業者の中でも最安レベルでサービスをご提供
  • いつでも予約できて当日の立ち合いも不要

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理士の有資格者が正しい方法で作業を担当するから安心

ミライルまごころサービスは、以下の理由から安心して遺品整理を任せられます。

  • 専門知識をもとに、法規制に沿った正しい方法で進めている
  • 遺品整理士の資格を持ったプロが行っている

遺品整理士は、「遺品整理士協会」から認定を受けた人です。遺品整理の方法だけでなく、相続に関する法律の知識もあるので、遺品整理に関する相談もできます。

遺品の中に処分するかどうか迷うものがあった場合でも、遺品整理士に相談可能です。本人やご家族の意見を確認して、親身な対応を心がけていますので、安心してお任せください。

生前整理業者の中でも最安レベルでサービスをご提供

生前整理業者の中でもミライルまごころサービスは、最安レベルでサービスを提供しています。理由は、お客様に「依頼してよかった」と思っていただくためです。そのために、以下の2点を徹底しています。

  • 明瞭な料金設定で、見積もり後は追加料金なし
  • 丁寧な業務内容の説明と、自宅・電話の両方で見積もり可能

ミライルまごころサービスは事前に下見をし、間取りや遺品の数などを確認しますので、料金を明確にできます。また、見積もり内容に金額などご不明な点があれば、プロの遺品整理士が丁寧に説明いたしますので、安心してご利用ください。

また、ご自宅を下見する前に電話で相談しておけば、見積もりがスムーズに取れます。

いつでも予約できて当日の立ち合いも不要

ミライルまごころサービスは、いつでも予約可能で当日の立ち合いも不要です。24時間365日いつでも遺品整理のご依頼を受け付けていますので、電話やメールでお気軽にご相談ください。

お問い合わせの際は、些細なお悩みのご相談も可能です。遺品整理のスタッフが、誠意をもって不安や疑問に対応いたします。たとえば、遺品整理当日に立ち合いができないといったご相談でも問題ありません。

事前にお電話で遺品整理の詳細を教えていただければ、当日の立ち合いができなくてもご依頼可能です。

生前・遺品整理についてよくある質問

最後に、生前・遺品整理についてよくある質問へ回答をします。

  • 生前整理をすれば遺品整理をしなくてもいいですか?
  • 生前整理と終活の違いはなんですか?
  • 30代や40代で生前整理をやる必要はありますか?

Q.「生前整理をすれば遺品整理をしなくてもいいですか?」

生前整理をしたとしても、最低限の遺品整理は必要になります。クレジットカードを解約したり免許証を返却したりと、遺品整理ですべきことはさまざまです。

ただし、生前整理を事前に進めておけば、遺品整理にかかる家族の負担を格段に減らせます。また、相続トラブルを減らすきっかけ作りにもなるため、相続人が多い場合は生前整理を進めた方が良いと言えるでしょう。

Q.「生前整理と終活の違いはなんですか?」

終活とは、自分の死に向けて身の回りを整理するという意味合いです。家の中を綺麗に整理していくことで、自分の生き方について考える機会を作れます。

つまり、生前整理とは終活の一種と言えます。生前整理を行えば家の中にある不要なものを処分できるため、自分自身の気持ちを整理したい時には効果的な作業です。
終活についてより詳しく知りたい方は終活サポートをご参照ください。終活の準備や5つのやることを解説しているので初めての方でも簡単に理解できます。

また、ご家族の方が在宅介護に関する情報をお探しの際は、在宅介護の総合プラットフォーム「いえケア」をご参照ください。
居宅サービス事業所をかんたんに検索でき、在宅介護を始めようとするご家族にワンストップで情報収集できる場をご提供しております。

Q.「30代や40代で生前整理をやる必要はありますか?」

30代や40代で生前整理をする人は増えてきています。なぜなら、生前整理は部屋の片付けだけができるだけでなく、自分の生き方について考える機会を作るからです。

人生は何が起こるか誰も予想できず、人はいつ死ぬかわかりません。そのため、少し早めに生前整理を始めることもおすすめです。

また、今後のことを考え保険を検討されている中小企業の会社オーナー・個人事業主は下記サイトをご参照ください。
参考:東京法人保険活用サイト-トータス・ウィンズ

生前整理・遺品整理に関するご不明点はミライルまごころサービスへご相談ください

生前整理は、自分で遺品を処分したり、仕分けしたりする作業です。生前整理をしておけば、亡くなった後に家族が遺品整理する負担を減らせます。

しかし、自分だけで生前整理をすると時間も労力もかかるので、ご家族の協力を得て行うのがおすすめです。体力や気力がまだあるうちに生前整理を進めておけば、相続などもスムーズに進められます。

もしご家族がいない場合や、協力が得られない場合は『ミライルまごころサービス』をご検討ください。24時間365日いつでもご相談をお待ちしております。

奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

  • 遺品整理のプロ「遺品整理士」による適切な仕分け
  • 遺品整理以外にも遺品の買取・回収もできる
  • ご相談は土日祝関係なく24時間365日すぐ対応

    必須ご相談内容

    必須氏名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須住所(郵便番号も含む)

    任意ご相談・ご質問

    奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスサイトでは、正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。本サイトは株式会社Mira1Lが運営しております。当記事の内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘・遺品整理のご相談はお問い合わせフォームからお寄せください。

    この記事を書いた人

    奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
    明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

    本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちらです。

    目次