奈良の遺品整理ならミライルまごころサービス

実家じまいのやり方|業界最安クラスなのにおすすめのサポートが充実した業者など1から解説

芸能人の経験談などをはじめ、「実家じまい」という言葉をメディアで見聞きすることが増えてきてます。しかし、実際に実家じまいが必要になった際にやり方や手順、実家じまいを始める時期など、よくわからないという人も多いです。

そこで本記事では、実家じまいの意味や必要性とともに、具体的なやり方や注意点などについて解説します。自身で行う方法と専門業者を利用する方法に分けて説明するので、どちらの方法が合いそうか参考にしてください。

専門業者の利用を検討される場合は『ミライルまごころサービス』がおすすめです。検討時の参考にしていただけるよう、サービスの特徴やメリット、費用面についても紹介します。

奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスへメールで無料相談する>>

  • 大きな家具がある遺品整理でもまるまる対応
  • 不要な遺品の買取・回収も
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現

この記事を書いた人

奈良の遺品整理 ミライル

遺品整理サービス ミライル

奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちら奈良の遺品整理ミライルの執筆者情報はこちら
地域別の遺品整理のご依頼はこちら>> 奈良大阪京都

対応エリア・時期により記載価格や条件が変動する場合がございます。事前にご自宅でお見積もりをさせていただき、金額に合意の上で作業を開始します。作業終了後に事前のお見積り金額以上の追加料金をご請求することはございません。

目次

そもそも実家じまいの意味とは

実家じまいとは親が亡くなった後、親が住んでいた家を片付けてすべての物を整理し、家を売却・処分することを指します。実家じまいで行う作業は、遺品整理や家の清掃などがメインです。

核家族化が進む日本において、実家じまいをする人は増えてきています。

なぜ実家じまいをする必要があるのか。実家じまいをする理由やきっかけとは

実家じまいをする理由やきっかけは様々ですが、住む人がいなくなることが主な要因です。実家じまいになる例をまとめると以下の通りです。

  • 両親が亡くなり実家を誰もつがない
  • 親が介護施設に入所し実家に住む人がいなくなった
  • 相続していた自分が新居に引っ越す事になった

その家をそのままにしておくと、家が荒れてしまったり不用品が増えてしまったりするため、早めの片付けが必要です。

あわせて読みたい
親が亡くなったらすることをリスト化|身内が死亡した後に必要な手続きを一覧表で紹介 親が亡くなると、悲しむ間もなく葬式の準備で大慌てです。しかし、葬式以外にも書類の提出や各方面への連絡などがあり、休む間もありません。 この記事では、親が亡くな...

みんなが抱える実家じまいを始める上での不安とは

実家じまいには多くの不安が伴います。例をまとめると以下の通りです。

  • どれくらいの費用がかかるかわからない
  • どうやって家具を運び出すか
  • 精神的な負担が大きい
  • 実家じまいを経験した人が周りにいない

実家じまいとなると肉体的・精神的負担がかかるだけでなく、片付けにはある程度の費用がかかります。料金的な不安は拭いきれないため、1人ではなく遺族や親族と一緒に実家じまいを行うことが大切です。

参考:亡くなった親の家の片付け方法を詳しく紹介

参考:一軒家の遺品整理の費用について解説

実家じまいのメリット

実家じまいをすれば終活を進められます。遺品相続や残った土地の管理、実家の維持をどうするかなど、ありとあらゆる問題を解決することも可能です。

例えば、庭の草木をそのままにしておくと近隣トラブルが発生しやすくなるため注意が必要です。その点、実家じまいを進めることでトラブルを未然に防げます。

また、家をきれいに整理することで、親が大切にしていた物や思い出の品を見つけるきっかけにもなるでしょう。不用品を整理すれば家の清掃にもなり、家を処分・売却する際の負担を軽減できます。

参考:亡くなった人の物は処分した方がいいのか詳しく解説

実家じまいのデメリット

実家じまいは終活になるものの、業者に家の片付けを依頼すると費用がかかるといったデメリットが発生します。部屋が多い家や遺品の多い家では、それなりの時間と費用がかかるため注意が必要です。

また、大きな家具や重たい物を運び出すのは大変な労力がかかるだけでなく、感情的な面での負担も発生します。大切な人の遺品を整理するという行為は、喪失感や悲しみを引き起こすことが多いです。

参考:遺品整理が大変で辛い・悲しい時の対処法を紹介

そのため、事前にしっかり家族と話し合いながら片付けを進めることが大切です。

参考:生前整理について遺品整理や就活との違いを解説

そもそも実家じまいとはどのように終わらせる方法があるのか

実家じまいを終わらせる方法をまとめると以下の3つです。

  • 業者に委託せず身内のみで全て終わらせる
  • 身内でできる部分とそうでない部分を業者に委託する
  • 最初から完全に遺品整理業者へ委託する

自分達にあったやり方にて実家じまいを行いましょう。それぞれ詳しく解説します。

業者に委託せず身内のみで全て終わらせる

一人暮らしやワンルームのような小規模な環境であれば、身内のみで片付けできる可能性が高いです。大きな家具が少なく身内が近場に住んでいる場合、一緒に作業を進めればスムーズな片付けが見込めます。

また、身内のみで家じまいを終わらせれば費用を大幅に抑えることが可能です。業者に依頼すると高額な金額を請求される恐れもあるため、費用を抑えたい場合は身内のみで全て終わらせるのが得策です。

ただし、身内のみで作業を行うと全ての家じまいが完了するまでに時間がかかるというデメリットもあります。実家じまいは緻密な作業が求められ時間と手間がかかるため、選択する際には注意が必要です。

あわせて読みたい
自分で遺品整理をおこなう方法を紹介|進め方や4つの注意点について解説 遺品整理を自分で行いたい方もいらっしゃるでしょう。業者に頼むと費用が掛かりますので、自分たちで遺品整理を行えれば節約になります。実際に遺品整理を行う際は手順...

身内でできる部分とそうでない部分を業者に委託する

実家じまいを行う際、身内で行える部分と業者に任せる部分を明確に分けることが大切です。

例えば、大きな家電製品や2階にある重たい家具を運ぶ作業は、けがをしたり家を傷つけたりするリスクがあります。これらのリスクを避けるためにも、業者にその部分の作業を委託する方法を選ぶのも良いでしょう。

身内である程度の家じまいを進めておけば、貴重品などを自分たちで先に保管できます。また、全てを業者に任せるよりも費用を抑えることも可能です。

ただし、家の間取りによっては費用がかさむ場合もあるため注意しましょう。身内でやるべきことと業者に任せるべきことを明確に分け、効率よく実家じまいを進めることが重要です。

参考:遺品整理の進め方の完全解説

最初から完全に遺品整理業者へ委託する

実家じまいを行う際、最初から全てを専門業者に委託する方法もあります。専門の業者に全てを任せることで、手間が大幅に省けるだけでなく安全面も確保されるため、スムーズな片付けが可能です。

また、遺品整理業者に依頼すれば一貫して作業を業者が行うため、長年空き家になっていた場合でも問題なく対応してもらえます。実家から離れた地域に住んでいる場合でも利用可能で、頻繁に出向くことなく実家じまいを進めることも可能です。

しかし、一部の業者が高額な代金を請求し、遺品整理業者とのトラブルに発展する可能性があるのはデメリットといえます。時間や手間、リスクを考慮しながら専門業者に依頼するか検討するとよいでしょう。

あわせて読みたい
遺品整理を業者に頼むのはやばい?被害事例や業者選びの基準、依頼前に自分でできることを紹介 2030年になると、実に3人に1人以上が65歳以上という超高齢化社会が到来すると言われています。現在においても核家族化は進み、孤立死する高齢者は増加しており、遺品整...

実家じまいに立ちはだかる問題点

実家じまいを進めていくと、以下の問題点が発生する可能性があるため注意しましょう。

  • 実家じまいは大切な人の死の直後にすることが多く精神的な負担が大きい
  • 家中の全ての物を片付ける必要があり、一戸建てやエレベーターの無いマンションは運び出しが難しい
  • ピアノやタンス、机など運び出しが難しい物が多い
  • 実家じまいを先延ばしにし実家を放置した場合近隣トラブルになるかも
  • 実家じまいを放置した故に巻き起こる空き家の放置によるトラブル

それぞれ詳しく解説します。

実家じまいは大切な人の死の直後にすることが多く精神的な負担が大きい

実家じまいは大切な人が亡くなった後に行うことから、精神的な負担が大きいです。大切な家族が亡くなった直後では、いざ始めようとしてもなかなか手が付けられない場合もあります。

また、故人の遺品を整理するなかで、喪失感や悲しみを再度引き立てる可能性が高いです。遺品整理が辛くて進まない状況を避けるために全てを自分達で行うのではなく、業者に依頼するなどして対処してみましょう。

参考:遺品整理が大変で辛い・悲しい時の対処法

家中の全ての物を片付ける必要があり、一戸建てやエレベーターの無いマンションは運び出しが難しい

実家じまいでは、家中の全ての物を片付ける必要があります。収納の中や押入れ、物置といった普段見えない場所にも遺品が残っている場合も多いため、全てを整理するのは大変な作業です。

特に一戸建てやエレベーターの無いマンションなどでは、運び出しも困難と感じるでしょう。まだ使える物でも全てを保管・管理するのは大変なため、適切な方法で処分する必要があります。

ピアノやタンス、机など運び出しが難しい物が多い

実家じまいには運び出しの難易度が高い物が多いです。例えば、ピアノやタンス、机などの1人では運び出せない大型家具が当てはまります。

また、高齢者ともなると部屋の掃除が行き届いておらず、予想以上にゴミが溜まってしまっている場合もあります。地域によってゴミ出しルールは決まっており、整理が予想以上に難しいと感じるシーンも多いでしょう。

あわせて読みたい
家財整理とは?費用や業者に依頼・相談するメリットを紹介 故人が亡くなって、通夜や葬式が終わり49日も終えた頃、家をどうするかという問題が残ります。さまざまな事情で誰も住む人がいない場合、家財整理を始めなければ家の処...

実家じまいを先延ばしにし実家を放置した場合近隣トラブルになるかも

実家じまいを先延ばしして放置していると、近隣トラブルに発展する恐れがあるため注意しましょう。長い時間家を空けていると老朽化や雨漏れ、シロアリの発生など近隣の住宅にも影響を及ぼす可能性があります。

また、長期間放置された家は老朽化が進み、倒壊や火災のリスクも高まるため、早めの対処が必要です。

実家じまいを放置した故に巻き起こる空き家の放置によるトラブル

実家じまいを放置すると、空き家問題が深刻化します。放置された家は、そのままの状態で老朽化が進み、建物自体の価値が下落する恐れがあるため注意が必要です。

また、空き家を放置し近隣住宅に被害を与えた場合、損害賠償が発生する恐れもあります。空き家管理を怠って起きた倒壊の責任を負うのは、空き家の所有者です。

地域社会全体の問題となるため、早期の解決が求められます。

では実家じまいはどう対処するのがいいのか

実家じまいにおける適切な対処法は、その時の状況や感情によって変化します。実家じまいは多くの人手が必要になるだけでなく、専門的知識が必要になるシーンも多いです。

もし自分自身で全ての作業を行うことが難しいと判断した場合、一部または全てを遺品整理業者に依頼するのがよいでしょう。専門の業者に任せることで、安全かつ正確に実家じまいを進められます。

あわせて読みたい
遺品整理の流れとは|業者に依頼する前の流れや依頼した場合の流れを紹介 遺品整理は、不用品の処分だけでなく故人との大切な思い出の品々を整理する作業です。生前整理をせずに突然亡くなられると、かなりの量の遺品にどこから手をつければい...

なぜ実家じまいを遺品整理業者へ依頼するのがおすすめか

実家じまいを遺品整理業者へ依頼するのがおすすめな理由は以下の通りです。

  • 重い家具の運び出しは危険が伴うため
  • 実家じまいが完全に完了するまでの時間を短縮するため

それぞれ詳しく解説します。

重い家具の運び出しは危険が伴うため

重い家具の運び出しは常に危険が伴うため注意しましょう。特に大型家具や重たい家財の移動は肉体的負担がかかるだけでなく、適切な知識や技術が必要になるシーンも多いです。

力の入れ具合や持ち方が不適切だと、腰を痛めたり落としてけがをしたりする可能性があります。また、運び出し時に壁や床を傷つけるリスクもあるでしょう。

このような危険を避けるためにも、専門の業者へ依頼することをおすすめします。専門業者は適切な手段と機材を用いて、安全に家具を運び出すことが可能です。

実家じまいが完全に完了するまでの時間を短縮するため

実家じまいは家中の全ての物を整理し外に運び出す作業が必要となるため、作業の完了までに時間がかかります。特に、仕事や家庭生活を持つ社会人が全てを行うのは現実的に難しい場合が多いです。

物の量や家の大きさにもよりますが、自分一人で行うとなると数日から数週間、場合によっては数ヶ月以上もかかることがあります。これに対して、専門業者に依頼すると、数日から1週間程度で作業を完了させることが可能です。

作業時間の短縮は、精神的な負担の軽減にもつながります。

実家じまいにおける遺品整理はいくらかかるのか

実家じまいにかかる遺品整理の費用相場は以下の状況別で異なります。

  • 平均的な一戸建ての場合
  • マンションの場合

それぞれ詳しく解説します。

平均的な一戸建ての場合

平均的な一戸建てにおける遺品整理の費用相場をまとめると以下の通りです。料金相場については「みんなの遺品整理」を参考に、ミライルで独自の調査を行い算出したものです。

スクロールできます
間取り1R・1K1DK1LDK2DK2LDK3DK3LDK4LDK
遺品整理の
料金目安
32,501円〜60,750円〜73,115円〜98,131円〜119,060円〜145,975円〜165,906円〜200,408円〜
ミライルの
料金目安
25,000円〜45,000円〜54,000円〜56,000円〜80,000円〜85,000円〜140,000円〜180,000円〜
ミライルの
作業時間
(人数)
1時間〜2時間
(1名)
1時間〜2時間
(2名)
2時間〜3時間
(2名)
2時間〜4時間
(3名)
3時間〜5時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
4時間〜6時間
(4名)
7時間〜5時間
(5名)
※料金はすべて税込
引用:みんなの遺品整理

遺品整理を業者に依頼する場合、家の間取りによって料金が明記されています。間取りが大きいほど遺品の量も多いと判断されるため、間取りが大きくなるほど料金も割高になるケースが多いです。

ただし、遺品整理の料金は間取りだけで決まるわけではありません。立地や作業人数、作業日によって変わる場合もあるので注意しましょう。

マンションの場合

マンションの場合、一戸建ての時と同様に立地や作業人数、作業日によって金額が変化します。ただし、住んでいる階数によっては遺品の量が少なくても金額が高くなる恐れもあるため注意しましょう。

例えば、高層階から物を運びだすとなった場合、持ち運びには時間がかかることから追加料金を請求されることも多いです。さらに、2階の窓から荷物を運びだすとなった場合、さらなる費用がかかります。

遺品の量が一戸建ての時と同じだったとしても、住む階によって金額が上乗せされる可能性もあるため注意しましょう。

なぜ依頼する家によって実家じまいの料金に差が生まれるのか

実家じまいの料金に差が生まれるのは、各家庭の状況が異なるからです。

例えば、実家にある物品の量が多いと、それだけ遺品整理の作業量も増えます。その結果、遺品整理に必要な時間や労力が増え、料金も高くなることが多いです。

他にも、実家がエレベーターのない建物であると、家具や大きな家電を運び出すのに大変な労力が必要となります。また、遠方にある実家やアクセスが難しい場所では、移動費や時間も上乗せされる可能性が高いことから料金に差が生じるのです。

また、介護施設への入居をきっかけに実家じまいをする場合、別途で介護費用も必要となります。介護費用については「介護費用はいくら必要?在宅介護と施設介護の自己負担額の違い」で詳しく解説しています。

賃貸の場合の実家じまいはどれほどの料金なのか

賃貸物件の場合の実家じまいの料金は、物件の大きさや処分物の量によって異なります。ただし、賃貸物件は返却時に原状回復が求められることが多いため、退去時に発生する費用も考慮する必要があります。

また、実家が賃貸物件の場合、実家じまいをより前倒しで行うことが求められます。実家じまいを長引かせると悪臭や害虫の発生など、近隣住民にとってのトラブルを引き起こす可能性があるからです。

専門の業者に依頼してスムーズに終わらせることが、最終的に経済的負担を抑える結果につながります。

地方で実家じまいをする場合はどれほどの料金がかかるのか

地方での実家じまいの費用は、家の状況や状態により大きく変動します。地方の実家となると、一般的には広い一戸建てで部屋数も多くなるため、マンションに比べて費用が高くなる可能性が大きいです。

また、庭付きの戸建てに住んでいる場合、庭木の剪定や草木の除去など追加で発生する作業も存在し料金が高くなる場合もあります。ただし、大きな道路に面していたり周囲に十分なスペースがあれば、費用が安くなる事例も多いです。

具体的な料金については家の状況によって変わるため、まずは遺品整理業者に見積もりを依頼しましょう。

実家じまいをするなら遺品整理業者ミライルへの依頼がおすすめの理由

実家じまいを遺品整理業者に依頼するなら、ミライルまごころサービスにお任せください。ミライルまごころサービスは引越しサポートやゴミ屋敷清掃、不用品回収にも対応した遺品整理業者です。

特徴は以下の通りです。

  • 業界最安クラスで他社に比べて安い費用で遺品整理の依頼が可能
  • ミライルには資格保有者が在籍しており信頼性が高い
  • 実家じまいへの訪問見積もりにも対応、追加徴収一切無し
  • いつ実家じまいが必要になっても安心の365日24時間いつでも対応可能
  • 業者による実家じまいの作業への立ち合い不要
  • 実家じまいによって、見つかった遺品の高額現金買取までも実施

それぞれ詳しく解説します。

業界最安クラスで他社に比べて安い費用で遺品整理の依頼が可能

ミライルまごころサービスでは、業界最安クラスで他社に比べて安い費用で遺品整理の依頼が可能です。土日祝日という理由で料金が高くなることもなく、平日と変わらない料金でサービスを提供します。

以下に、一戸建てとマンションの場合における料金の違いをそれぞれ示していきます。

一戸建ての場合

例えば、4LDKの一戸建ての場合、ミライルまごころサービスでは180,000円からご依頼を受け付けています。他社の場合、最低料金が220,000円からのご依頼受付が多く、その差は歴然です。

作業人数が多いにも関わらず料金が抑えられているのは、スムーズかつ丁寧なサービス提供ができているからと言えます。

マンションの場合

例えば、3DKのマンションにて遺品整理を行う場合、最低価格は85,000円となっています。他社の場合、最低価格は150,000円となっているため、一戸建て同様に相場と比べてかなり価格が抑えられています。

もし高層階マンションの遺品整理を依頼されたとしても、他社の相場以上の金額を超えることはないためご安心ください。

あわせて読みたい
遺品整理を安くする方法とは?安くて安心できる遺品整理業者の選び方も含めて徹底解説 遺品整理を安く済ませたいと思っていませんか?大量にあるゴミや不用品を1人で処分するのは、体力的にも精神的にも疲れてしまいますよね。また葬儀費などでお金を使って...

ミライルには資格保有者が在籍しており信頼性が高い

ミライルまごころサービスは、「遺品整理士認定協会」が設けた養成講座に合格した遺品整理士が多数在籍しています。経験豊富なスタッフが対応するため、遺品整理に関する悩みをすぐに解決することが可能です。

わからない点などあれば丁寧に対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

実家じまいへの訪問見積もりにも対応、追加徴収一切無し

ミライルまごころサービスは出張見積もりを無料で実施しています。ご依頼をいただいた際には、自宅にお伺いして遺品の数や部屋の状況を確認し、その場で詳しい見積もり金額を提示することが可能です。

見積もり完了後は追加料金も一切発生せず、土日も祝日も平日と同じ値段で対応するためご安心ください。

いつ実家じまいが必要になっても安心の365日24時間いつでも対応可能

ミライルまごころサービスは、いつ必要になるかわからない実家じまいでも24時間365日対応いたします。土日祝も休まず営業しているため、休日しか予定が空いていない方でも安心して依頼できるのも特徴の1つです。

遺品整理に関するご相談やお悩み事がありましたら、まずはお問い合わせにてお気軽にご連絡ください。

業者による実家じまいの作業への立ち合い不要

遺品整理業者へ依頼した場合、最初から最後まで立ち会うのが基本です。そのため、作業が終わるまで常に家の中にいる必要があり、途中で出かけることもできません。

しかし、ミライルまごころサービスは立ち合い不要のため、忙しい時間帯でも作業を依頼できます。事前に見つけてほしい遺品を伝えていただければ、遺品整理中に捜索することも可能です。

実家じまいによって、見つかった遺品の高額現金買取までも実施

実家じまいをする際にはさまざまな遺品が見つかることも多いです。中には高級時計や指輪といった貴金属が見つかることもあり、遺品整理後に売却してお金に変える方もいます。

ミライルまごころサービスは遺品の買取を実施しており、作業終了後にそのまま遺品を買い取ることも可能です。別の会社に買取を依頼しなくて済むため手間が省けます。

あわせて読みたい
遺品整理時に遺品を高値で買取してもらうコツと高値で売れる遺品10選|おすすめの買取業者も解説 「遺品を高値で買取してもらうコツを知りたい」「高価買取されやすい遺品を知りたい」 本記事では、遺品を高値で買取してもらうためのコツや高価買取されやすい遺品の一...

大切なご家族の実家じまいをする場合はミライルまごころサービスへ

実家じまいは家の中のものをすべて処分してしまうため、分別や廃棄、大きなものの運び出しなど時間や労力の面で大きな負担がかかります持ち家の場合は売却、借家の場合は明け渡しで不利にならないために、壁や床を傷つけないよう細心の注意も必要です。

専門業者に依頼すればこれらの負担が軽減できます。その一方で費用がかかりますから、サービス内容とともに費用面も比較し、納得のいく業者を選びましょう。

『ミライルまごころサービス』は、迅速・丁寧なサービス、業界最安クラスの料金を誇っています。365日・24時間対応していますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

奈良で遺品整理を探すならミライルまごころサービス

  • 大きな家具がある遺品整理でもまるまる対応
  • 不要な遺品の買取・回収も
  • 見積り後の追加料金なしで業界最安クラスを実現

    必須ご相談内容

    必須氏名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須住所(郵便番号も含む)

    任意ご相談・ご質問

    奈良の遺品整理 ミライルまごころサービスサイトでは、正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。本サイトは株式会社Mira1Lが運営しております。当記事の内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘・遺品整理のご相談はお問い合わせフォームからお寄せください。

    この記事を書いた人

    奈良の遺品整理業者ミライルまごころサービスです。遺品整理士認定協会が認定する遺品整理のプロが在籍しており、遺品整理に関する悩みや不安へ何でもお答えします。
    明朗会計な見積もりのもと、関西全域で遺品整理・不用品回収・特殊清掃・引越しサービスを展開中です。

    本メディア・遺品整理に関するご相談は問い合わせフォームまでお願いします。本メディアを運営している株式会社Mira1Lの運営会社情報はこちらです。

    目次